読書感想文

キャバ嬢じゃなくても読んでほしいエンリケさんの本

私は売れてるキャバ嬢のSNSを見ると元気を貰えるので結構好きなんですが、インスタやってる人なら今人気の名古屋NO.1キャバ嬢の小川えりさん(通称エンリケさん)をご存知の方も多いんじゃないでしょうか?

www.instagram.com

ストーリーとか見ると毎日バースデーなの!?てぐらい当たり前にぽんぽんシャンパンが空いてますw

本当のバースデー期間中には2日で1億売れあげたとか!!

そんな超売れっ子キャバ嬢のエンリケさんが最近本を出版したので迷わず購入しました。

パッと見ビジネス書みたいですよね。

でもお堅いことが書いてあるってことはなくてとても読みやすく仕事をしていく上で大切なことがたくさん書いてありました。

勿論キャバ嬢なエンリケさんですからキャバクラで働く上で大切なことが主に書いてあるのですが、でもこれって別に働く場所問わず何処でも通用しそうなことばかりでした。

私はプラプラしてた時期が長かったので水商売含め色んな仕事経験したんですが、やっぱり水商売ほど人対人な仕事ってないので本当にたくさんのことを勉強させられましたね。

水商売というとどうしても特殊な職業と思われますが(まぁ実際そうですがw)仕事する上でカナメとなる部分は一緒だなって思いました。

読み進めていってやっぱりここ大事だよねって思う部分を書いていきます。

ビジネスする上で『人見知り』なんて言葉通用しない

本の冒頭の方でエンリケさんは自分のことを人見知りだけど負けず嫌いと言っています。

キャバ嬢やれてる人が人見知りだなんて信じられないなんて人も居ると思いますが、私は特に驚きはしないですね。

だって、人類みな人見知りですからw

同じくキャバ嬢の愛沢えみりちゃんも自身の本の中で人見知りだって公言してますね。

私は自ら人見知りって公言して良い場合とそうじゃない場合があると思ってます。

エンリケさんや愛沢えみりちゃんのように、人見知りなんて微塵も感じさせない人が人見知りを公言するのは相手に親近感を持たせる上ギャップに萌えるし(笑)良いと思います。

問題なのはあからさまに人見知り発症してる人が苦し紛れに『人見知りなんです…』て言うただの言い訳の場合ですね。

だから何?としか思えませんよね。

人類みな人見知りなのにそんな当たり前のこと言って一体何になるのでしょうか?

気遣って欲しいのでしょうか?

毎朝皆さん起きたら顔洗いますよね。

その行動は相当自堕落な生活送っていない限りごくごく当たり前のことですよね。

当たり前なことをわざわざ人に言ったりってしませんよね。

私実は…毎朝顔洗ってるの!

なんて言いませんよね。

何が言いたいかって言うと、自ら人見知り公言する人は私毎朝顔洗ってるの!ていうのと同レベルの発言だってことです。

みんな良い歳した大人になったら人見知りなんてことを感じさせないように仕事してるんですよ。

当たり前なことを言って相手に気遣わせコミュニケーションを放棄したりせずキチンと目の前の相手と対話しましょう。

ありきたりな会話はパス

無難な会話ってありますよね。

天気の話、出身地の話、趣味の話。

その場をちょっと繕いたいだけなら無難な会話で良いですが、相手に印象持たせたいならありきたりな会話しただけじゃすぐに忘れられてしまいます。

個性を出したら引かれるんじゃないかってうろたえるのではなくどんどん自分を出していきましょう!

この印象付けは婚活していく上でも非常に大事ですよね。

例えば料理することアピールするにしても、得意料理は肉じゃがやパスタです♪

なんて無難過ぎますよね。

私なら、味噌汁作る時はキチンと出汁を取りますとか合わせ調味料をなるべく使わずイチから作りますって本気で料理してまっせアピールしますw

仕事に誇りを持つ

エンリケさんは本当に水商売という仕事が大好きで誇りを持ってるんだなって思いました。

未だに水商売やってるくせに…て人が稀に居ますが、なんでだろうって疑問でした。

多分、水商売見下す人って水商売は誰でも出来る仕事だって思ってるんじゃないでしょうか?

誰にでも出来る仕事しか出来ない的な…。

正直私も水商売やる前までそんな考えでしたw

実際ほんの1日の体験入店だけなら誰でも出来ると思います。

でも、継続していくのは一番大変な仕事なんじゃないでしょうか。

マメさ、プライベートの時間の無さ、身なりのメンテナンスetc…..

私は過去に仕事を転々としてた時期が凄く長かったので仕事をする上での自信って基本そんなに無かったのですが、今働いてるお店のママが

『水商売出来る子はどんな仕事もやっていける』

て言葉をくれたおかげで何やかんやで5年ぐらい続けられてる夜の仕事を誇りに思えるようになりました。

このブログが一体どの層に見られてるのかは不明ですが、もし水商売を後ろめたい気持ちでやってる方が居たらそんな気持ちで仕事をするのは止めて誇りを持ちましょう。

誇りを持って仕事をすれば自分のことを認めてくれる人、応援してくれる人が必ず出てきて必然的にお金も巡ってきます。

すぐ連絡する

連絡がすぐ取れる人信頼出来るし仕事も出来るとエンリケさんは仰ってて本当にその通りと思いました。

この事と同じような言葉をホリエモンもどっかの著書に書いてありましたし、私の実体験も言わせて頂くと婚活してて所謂ハイスペと呼ばれてる男の人って基本返信が早い気がします!

逆に昔仲良くはしてたけど返信がいつも遅い友達たち、今思い返せばみんな貧乏だったなってw

連絡のマメさはその先にあるチャンスを掴み取るには欠かせないことですね。

連絡するのを後回しにする人って、連絡だけじゃなく様々なことを後回しにするクセが付いてしまっているのです…。

 

心も身体も健康を保つ

エンリケさんは週7出勤を保つために当然健康にも気を使ってるそうでおかげで風邪はもちろん周りがインフルエンザになっても元気でいられるそうです!

健康のためにしてることは至ってシンプルで、帰ってきたら手洗いうがい。

よく寝てよく食べよく動く。

二日酔いにならないためには自分がお酒をどれぐらいのキャパ飲めるかどうかというのをキチンと把握することと、お酒を飲んだら飲んだ量と同じ量の水も飲むこと。

お酒が飲めるようになって間もない20代前半ならまだキャパを把握してないのは仕方ないですが、25歳過ぎても未だに自分のキャパが分かってない人って結構多いです。

すぐ寝れる自宅で飲むか信頼出来る人だけが居る場所でキチンと自分のキャパを把握してみましょう。

そしてメンタルを安定させることも本当に大事です。

私昼も夜も働いてますがメンタルはすこぶる安定している自信がありますw

大したことではありませんが、私がメンタルを保つ方法を教えるとするなら三つあります。

①他人にたくさんの関心を向けない

人間の悩みの大半って人間関係ですよね。

なんで人間関係なのかというと他人に関心があるからです。

だったら関心なんか向けなきゃいいんですよw

常に矢印は他人でなく自分に向けることです。

興味のある『フリ』だけしときましょう。

②モヤモヤすることはその日の内にノートに書く

私は毎日ノートに日記を書いてるのですが何か心に引っ掛かりがある時はその引っ掛かりの原因と解決策が出るまでノートに書き綴ります。

他人に相談というのはあまりお勧めしません。

エゴ抜きでアドバイスくれる人なんて殆ど居ないんですよ…。

だったら自分が自分のカウンセラーになればいいのです。

自分のことは結局自分にしか分かりません。

③夜はさっさと寝る

夜遅くまで起きてても基本ロクなことは無いんです。

何故深夜に通販番組をよくやっているのかご存じですか?

深夜は判断力が低下してしまうから要らないものまで買ってしまう傾向があるんです。

なので判断力が鈍い深夜にモノを売りつけてるんですよ。

判断力が鈍るということはもっと簡単に言えば馬鹿になるってことです。

深夜に被害妄想が爆発して彼ピッピに重たい長文メッセを送り付け翌日そのメッセを読み返し、なんだこの文章は!?と、酷く後悔した経験はありませんか?

私は勿論あります。

深夜にあれこれ考えたってどうせ無駄です。

だって馬鹿になってるんだから。

そんなことになってしまうのならとっとと寝てしまいましょう。

当たり前のことを当たり前に出来るか

エンリケさんのこの本は目新しいことが書いてあるわけではありませんが、基本中の基本をエンリケさんがどれだけ大切にしてるかということがとてもわかり易く書かれてました。

純粋にエンリケさんのファンの方、水商売をやってて悩んでる方、どうしたら売れる自分になれるのか知りたいビジネスマン、様々な人が読んでもとても為になる一冊だと思います!

 

ABOUT ME
ぴとみん
一人が好きな腐女子出戻り。最近はトリプルフェイスに夢中。