未分類

ゼロの日常に出てきたカレー屋に行ってみた

※本記事は少年サンデー2018年44号に掲載されてるゼロの日常のネタバレがございます、ご注意下さい。

先日少年サンデーに掲載されたゼロの日常にて降谷さんと部下の風見がランチで行っていたカレー屋さんが、なんと東京の神保町に実在するボンディというお店との情報をキャッチ!!

東京にあると知ったからにはふぅ〜んで終わらせるワケにはいきませんっっっ

ということで仕事終わりにぼっちで行ってきちゃいました!

神保町駅から歩いて5分もしない!

近いから詳しく説明するまでもないかもですが一応道筋の写真撮ったので載っけておきます。

まず神保町駅に着いたらA6出口を出ます。

出たらすぐに左に曲がり…

こんなデカい看板がある薬局が横断歩道渡ったとこにあるんですが大きい横断歩道は渡らずまた左折します。

少し歩くとこんなお洒落そうなブックカフェの看板があり、このお店の手前に道があるんでまた左折します。

その左折したとこにある道に今度は右に曲がる道があるのでそこを右折すると…

Bondyって看板がありますね!

このビルの2階がボンディです!まぁまぁ年季の入ったビルですねw

わたしは16時半過ぎぐらいに行ってすぐ入れたもののもう既にそれなりにお客さん入ってました!

私同様女性一人で来てる方もチラホラ…。

仲間でしょうかw

メニューはこんな感じでカレーは甘口中辛辛口が選べます!

実は私辛いものが苦手なのでめったに外食でカレーって食べないんですがw此処は甘口も選べるとのことなんで無事来れたワケですw

作中で降谷さんはチキンカレーの中辛を頼んでましたが私は甘口のビーフカレーを頼みました!

つい普段なら食べれないものを注文してしまいがちですw

注文したらまずじゃがいもが2つ出てきます。

この名物のじゃがいものおかげでお店の特定が早かったんじゃないでしょうかw

じゃがバターとして食べてもカレーに入れてもどっちでも美味しく頂けます。

そしてカレーは注文して割とすぐに出てきてくれましたよ!

なんか、ルーを自分で掛けるスタイルってそれだけで特別なカレーって感じがしちゃいます!

お肉がたくさんゴロゴロ入っててめっちゃ贅沢なビーフカレーでした!

あ、付け合せのらっきょは降谷さんの真似っ子しましたよ〜。

降谷さんは赤い福神漬けはNGっぽいですw

う〜〜〜ん、別に無くても私は良いですが(どこまでも子供舌)

肝心の味は?

なんか写真からして美味しいのは分かって頂けたと思いますが、一応言います。

ぴとみん
ぴとみん
とっても美味しかったです(語彙力皆無)

 

甘口とありましたが、正直辛いの苦手な私的には中辛レベルでしたw

それだけスパイシーで本格的なカレーってことです!

全然お水とか飲めば問題ない程よい辛さでしたよ〜。

作中で降谷さんはカレー食べてる最中は水飲まない発言してますが、すみません…そこは真似出来ませんでした…。

カレーはバーモントカレーの甘口レベルじゃないと厳しいってレベルの辛いもの苦手な人にはちと厳しいかも?w

せっかく来たのでデザートも注文!

話の終わりの方で降谷さんはデザートに興味を示しており、結局食べたのかとか何を注文したかは定かではありませんが私は勝手に何処でも食べれそうなプリンよりもあまり見掛けない焼きリンゴを降谷さんは食べたに違いない!!

…と、勝手に解釈しデザートに焼きリンゴも頼みました〜。

まず思ったのが、リンゴだけど皮が赤くない!これなら降谷さんも食べたであろう!!て思いましたw

上に2つちょこんと乗ってるリンゴは甘く味付けされてましたが、下の丸々1個のりんごは火を通してあるだけで甘く味付けされてはおらずリンゴ本来の甘さのみでした!

丸々1個でもちょうど良い甘さなので余裕で平らげることが出来ましたよ!!

17時過ぎには既に順番待ち!!

私は早めに来れたので17時過ぎに帰ろうとしたら外には既に列が出来てました!!

ゼロの日常に出てくる前から人気のお店なのでご飯時には並ぶ覚悟が必要かと思われます。

東京にあるので気軽に行けますし本当に美味しかったのでまた来て違うカレーも食べてみたいです♪

ABOUT ME
ぴとみん
一人が好きな腐女子出戻り。最近はトリプルフェイスに夢中。