婚活

過去最短で彼氏が出来たのでその過程を全部教える

11月中旬でしょうか、婚活アプリで出会った彼氏に最短最速で振られましたwしかも別れようと言われたとかじゃなくLINEブロックされてwww

 

振られた当初はそりゃあ酷く落ち込みましたが、割とすぐこんな思考になりました。

ぴとみん
ぴとみん
絶対!言いたいことも直接言えないような女々しい前彼よりも良い人見つけたる!!

ハッキリ言って淋しいとか悲しいよりも怒りの感情の方が大きかったですねw

今ならこの怒りの感情が私の行動力に火をつけたと言っても過言ではないでしょう。

結果から言うと、おかげで1月の中旬には新しい彼氏が出来ました!!

 

今まで彼氏が出来るまでは最低でも1年掛かるのが当たり前だったので本当に過去最短で出来ちゃいましたw

今回は私が最短で彼氏作った方法を出し惜しみ無くお伝えします!!

婚活アプリではなく婚活パーティにシフトチェンジ

婚活を数年やってきてその殆どを婚活アプリにて行ってきた私。

ですが数年やってきてようやく自分はアプリ向きでは無いということに気付くのですw

理由は主に

  • 興味がまだそんなない人との他愛のないメッセージが苦手
  • てかそもそも人にマメに連絡するのが苦手
  • いいね沢山来過ぎて拗らせの原因になってしまっていた

 

こんな感じですね。こんな状態なのによく数年もアプリで消費してきたな!?て感じですよねw

でもその理由は今なら分かります。

私はたくさん来るいいねによって自己顕示欲を満たしていたのです。

アラサー、高卒、派遣社員というスペックだけ見ればそんなにいいね来そうに無いですが、私は男ウケの良いプロフィールの書き方と男ウケの良い自撮り方法をまぁまぁ知っていたのでスペックの割にはいいね数は1000件を超えてしまっていたのです。

ぴとみんレトリィバァ
ぴとみんレトリィバァ
調子乗っちゃって〜〜〜

私は婚活アプリを婚活としてではなく自己顕示欲を満たすためのSNS代わりにしてしまっていたのですね。

このことにようやく気付いたのでパーティの方にシフトチェンジしたのです。

自分に合うパーティー形態を知る

婚活方法をパーティ形式に変更した所で今度は自分に合うパーティを吟味します。

前回の婚活にて完全フリースタイルで連絡先交換自由なパーティだとたくさんの人と連絡先交換し過ぎてこの人誰だっけ??現象が起こってしまうということは充分分かってたので今回の婚活では一人一人とキチンとお話出来るパーティにまずは絞りました。

その上で色んなジャンルのパーティに参加しました。

ちなみに合わないな〜って思ったのは断然ヲタク向け婚活パーティでしたねw

主な理由は

  • 好きなジャンル合わないと会話がマジでしんどい
  • 女性は普通だが男性は見た目も喋り方もヲタク丸出しな人が多かった
  • 自分がヲタクだからって相手もヲタクである必要は全く無いってことに気づいてしまった

特に3つ目の気付きは大きかったですね〜!

 

確かに好きなモノが被れば仲良くなれる可能性は大ですが、それって別にヲタク趣味じゃなくって全然良いしなんならヲタクにさえ偏見なければいいや〜んって思ってしまったのです。

そのヲタク向け婚活パーティでは誰とも次に繋がらなかったので一見無収穫に見えるかもですが、婚活パーティ参加する度に必ず分析をしていってどんどん自分に合うパーティを見つけていったので毎回学びはたくさんありましたよ〜(分析については後ほど書きます)

年末年始婚活ざんまい

12月は平日は昼の仕事も夜の仕事も超絶忙しかった為土日のどっちかに殆ど婚活パーティに当ててたと思います!

年末年始は私実家住みなんで田舎に帰るなんて予定もなく超絶暇だったんで本当に婚活してた以外の記憶が無いですw

正月恒例の親戚の集まりの予定があった時でさえ途中で抜け出し婚活パーティに行ってました!!

暇だからコンビニ行く感覚で暇だから婚活行くって感じでした。

婚活歴がまぁまぁ長くなると婚活の場に行くことは全くハードルの高いことでは無くなるのです。

まぁとにかくスピード勝負でしたね〜。

カップリングしてちょっとお茶した後連絡が数日ない、もしくはなかなか予定合わなかったらもう次行っちゃってました。

某35億の人は『待つの。』なんて言ってましたが婚活に関してはそんな呑気なこと言ってられんのですよ!

焼肉行ってもカルビよりロースを好み…

昔ならすぐ治った膝の傷もとなって残り…

休日でも平日とほぼ同じ時間に目覚めてしまう…

日々老いをひしひしと感じているというのに、一体何を待つって言うのでしょうか!?



婚活パーティ終了後はどんな結果であれアウトプット

例えカップリングしなかったり、そもそもいいなと思える人すら居なかったり、カップリングしたとしてもその後お茶した段階でなんか違うな〜〜〜って微妙な感情が湧き出た時はその感情をそのままにせずなるべくSNS(主にTwitter)で心境綴ってたと思います。

後は自分でしか見ない日記に書いてみたり!

そうやって文章化することによってより頭の中が整理されやっぱ自分はこういう人が好き!こういうパーティの方が向いてるのでは!?て思うのです。

分析結果①

以前の私はパーティはフリータイムがあるべきだと思っていたのですが、結局の所フリータイムの時に第一印象が覆ることって殆ど無いし(笑)私は婚活パーティに行く行動力はあったものの、フリータイムの時に意中の人の所に自ら向かう行動力は無かったのです…。

→この経験から、もうフリータイムない所でいいじゃん!となる。

分析結果②

お互いいいなぁと思いカップリングしたものの、カップリング後何処かでお茶しようと二人で歩いてる段階で『この人背めっちゃ低くね!?』て思ってしまい恋愛対象から外れた(プロフィールに身長書いてあるもののそのパーティは着席型だったのでその時点ではあまり気にならなかった)

→やっぱり私の中で高身長は外せない条件なのだとようやく知る。

 

この2つの出来事からフリータイムの無い高身長限定パーティに行くことを決めました。

そしてそこで今の彼氏に知り合えたのです!

ここまでの私の行動をざっくりまとめると

アウトプット(分析)

行動(婚活)

アウトプット(分析)

行動(婚活)

アウトプット(分析)

行動(婚活)

ひたすらこれを繰り返してただけですね。

真剣ではあるもののゲーム感覚であること

婚活疲れって言葉もあるぐらいですが、私は今回の短期集中型婚活で婚活疲れは経験しませんでしたねw

理由は単純でゲーム感覚で婚活はしていたからだと思います。

もちろん彼氏が欲しいという気持ちは真剣ですよ?

でも例えいい結果が出なかったとしてもこれでツイートするネタが増えたわ〜ぐらいにしか思いませんでしたね。

すぐ結果が出なかったその日には次出るパーティ予約してましたw

ぴとみん
ぴとみん
絶対!このパーティで!結婚前提に!お付き合いする人!見つけたる!!!!

ぐらいの意気込みで行ってしまうともれなくメンタルが死んでしまいます。

せいぜい気の合う人いれば良いな〜Twitterでネタになるようなヤバいやつ居るかな〜

ぐらいのテンションで充分です。

もっと肩の力を抜きましょう!!

まとめ
  • 婚活と一言でいっても様々。まずは自分に合う婚活の形式を知る
  • どんな結果であれ婚活時は毎回分析を欠かさない
  • ゲーム感覚で婚活楽しむ
ABOUT ME
ぴとみん
ぴとみん
一人が好きな腐女子出戻り。最近はトリプルフェイスに夢中。 ほしいものリスト